タイミング

妊活と葉酸の関係

妊活をするにあたり、事前にやっておきたい事がいくつかありますが、その中に葉酸の摂取があります。
産婦人科でも勧められますし、厚生労働省も妊活をする人や妊婦に葉酸の摂取を推奨しています。

妊活をする人に葉酸が必要なのには理由があります。
妊婦にも葉酸の摂取を推奨していますが、妊娠初期は特に重要で、その後も継続摂取し、授乳完了まで続けるのが理想です。

葉酸には細胞分裂DNAをサポートする働きがあり、他にも造血促進作用や癌予防効果が期待できます。
妊活に葉酸が良いと言われるのは、葉酸にホルモンバランスを整える作用があるからです。
ホルモンバランスが乱れていると、生理周期も乱れがちになり妊活を妨げる事があります。
妊娠初期には赤ちゃんの脳や神経という重要な臓器や組織が作られる時期ですから、葉酸の細胞分裂DNAをサポートする働きが欠かせません。

妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の神経管閉鎖障害リスクが高まると言われています。
造血促進作用は、母乳は血液から作られるため、母乳の出が良くなるというのが理由です。
妊活中から葉酸を摂取するメリットはたくさんあります。
ほうれん草や小松菜などの青物野菜に豊富に含まれていますが、妊活には多くの葉酸が必要となるため、妊娠後も継続できる安全性の高いサプリメントでの摂取がおすすめです。