タイミング

妊活と乳酸菌の関係

乳酸菌は腸内環境を整えるのに役立つ事から、便秘解消に役立つというイメージがあります。
腸内環境を整える事で妊活にもメリットになる事があります。

乳酸菌は腸内環境を整えるのに役立ちます。
腸内には善玉菌と悪玉菌が存在していますが、悪玉菌があっても善玉菌が優位なら問題ありません。
もちろん悪玉菌の数は少ないほうが良いのですが、善玉菌を増やすには乳酸菌が欠かせません。

乳酸菌は善玉菌の餌となり、腸内環境を整えます。
腸内環境が悪化すると、食べた物の栄養を効率よく吸収できなくなるので、妊娠するために必要な体の機能が維持できなくなります。
免疫力も低下するので、病気になりやすく、風邪を引きやすくなる、風邪をこじらせ体へのダメージが大きくなるなどのデメリットもあります。

さらには免疫力が低くなると、通常の免疫機能が働かなくなり、精子や受精卵を異物とみなし排除しようとする事があります。
これは妊活にとって大きな妨げとなるので、腸内環境を改善し免疫力を高めておく事はとても重要なのです。

乳酸菌を積極的に摂取すれば、腸内環境を改善する事ができます。
ヨーグルトやチーズなどの乳製品、大豆を発酵させ発酵過程で乳酸菌が増える味噌、醤油、納豆、漬物からも乳酸菌が摂取できます。