タイミング

妊活と動物性タンパク質

妊活するには心身ともに健康である事が大切です。
生活習慣の見直しや改善の他に、食事から摂る栄養バランスも見直してみましょう。

タンパク質を摂ると太るというイメージがありますが、実際には少し違います。
というのも偏った食生活をしてしまうなど、タンパク質が不足する方が太る原因になるからです。
タンパク質には動物性と植物性がありますが、両方バランス良く摂取する事が大切だといえるでしょう。

ダイエットをする場合は植物性タンパク質の方がヘルシーで良いと言われますが、妊活には動物性タンパク質も必要です。
動物性タンパク質を摂るメリットは、植物性タンパク質に比べて体内吸収率が高い事と、鉄分を補給できる事です。
動物性タンパク質に含まれる鉄分はヘム鉄といって、植物性タンパク質に含まれる非ヘム鉄よりも吸収力にすぐれています。
鉄分は血行促進に欠かせない物ですし、血流は子宮環境にも影響します。

動物性タンパク質が多く含まれるのは、肉、魚介類、鶏卵です。
牛から搾る牛乳や、牛乳から作るチーズにも含まれています。
ただし動物性タンパク質だけに偏ると、栄養バランスも崩れるので、妊活には全体のバランスを考えてメニューを決める事が大切です。